HOME > 用語集 > 相続欠格


相続欠格


相続人となるはずであったが人も、一定の行為をすると相続することができなくなることをいいます。
具体的には、以下の人となります。
・故意に被相続人または相続人について先順位もしくは同順位にある者を死亡させて(または死亡させようとして)、刑に処せられた者。
・被相続人の殺害されたことを知って、これを告発せず、または告訴しなかった者
・詐欺、脅迫によって、被相続人の遺言・その撤回・取消し・変更を妨げた者。
・詐欺、脅迫によって、被相続人の遺言・その撤回・取消し・変更をさせた者。
・遺言書を偽造、変造、放棄、隠匿した者。

あ行
遺産分割協議書
遺留分

か行
寄与分
限定承認

さ行
相続欠格
相続放棄

た行
単純承認
特別受益

ページトップへ